本サイトでは、非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)*に関する情報を提供しています。 ※このウェブサイトにおけるaHUSとは「補体制御異常によるaHUS」をさします。

医療関係者向け 医療関係者向け

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)についての理解を深め、aHUSを適切に診断・治療するために、多数の研究から得られたaHUSの診断および治療に関する最新の情報を提供します。

医療関係者向け情報
患者さん、一般の皆さま向け 患者さん、一般の皆さま向け

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)とはどのような病気なのか?また、どのような治療法があるのか?などについて、 患者さんや一般の方にわかりやすくご紹介しています。

一般患者さま向け情報

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)は、補体制御因子の異常に起因する血栓性微小血管症(TMA)によって、致死的な状態に至るリスクを継続的に伴う遺伝子疾患です。
希少疾患であるaHUSの診断・治療は難しいものの、近年、この疾患についての研究が進み、多くのことが解明され、治療法も進歩してきました。 aHUSについての理解を深めることで、早期に適切な治療を開始し、継続することが大切です。 監修:東京大学大学院医学系研究科 腎臓・内分泌内科 教授 南学 正臣 先生