疫学

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)では、新規原因遺伝子が次々と発見されています。日本ではaHUSの疫学調査が現在進行中です1

aHUSに関する研究や、疫学調査が進行しています

近年の動向

大きい画像で見る

aHUSは、近年、研究が急速に進歩している疾患の一つであり、2013年にはDGKE、2014年にはプラスミノーゲンと、新規原因遺伝子が次々と発見されています1aHUSに関連する遺伝子異常><長期予後を推測できる可能性>。
また、2015年度現在、日本では、厚生労働省の難治性疾患克服研究事業として、「非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の全国調査研究班」による、aHUSの疫学調査が行われており、現在も進行中です。一般社団法人 日本腎臓学会では、同学会のウェブサイト上で、aHUSの臨床登録を呼びかけています2

  • 1. 難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/3847
  • 2. 日本腎臓学会 http://www.jsn.or.jp/topics/notice/_2848.php
いいえ
はい
いいえ
はい