aHUSの予後

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)発症に関わる遺伝子異常ごとに、血漿交換への反応性、腎移植後の予後が異なります

海外では、原因遺伝子別の治療成績が報告されています

aHUSの遺伝子異常と予後

大きい画像で見る

海外では、血漿交換への反応性、腎移植後の予後など、原因遺伝子別の治療成績が報告されています。しかし、日本では蓄積された症例報告がなく、日本人の予後は不明です。
また、エクリズマブ治療により予後の改善が報告されていますが、遺伝子別の治療成績は明らかになっていません1aHUSに関する遺伝子学の進歩>。

  • 1. 難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/3847
  • 参考文献:
    Fan X, et al. Mol Immunol. 2013;54:238-246.
    Miyata T, et al. Thromb Haemost. 2015;114.[Epub ahead of print]
いいえ
はい