治療・診断の留意点

非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の再発が疑われる場合には精査を行います。また、遺伝子診断を行った場合には、知識を持った者がその結果を十分に説明します1

遺伝子診断の結果は慎重に扱い、治療では再発に留意します

治療・診断についての留意点

大きい画像で見る

aHUSは再発の可能性があるので、再発が疑われるときには血算、生化学、検尿などを実施し、精査を行います。
また、遺伝子診断を行った場合には、知識を持った者がその結果について本人、家族に十分に説明することが望ましいです1

  • 1. 難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/3847
いいえ
はい